1. ホーム
  2. 治療設備機器の紹介
南小泉ささき整骨院診療機器

南小泉ささき整骨院の治療設備

仙台市若林区の整体接骨院として
充実した設備機器で治療をすすめております。

干渉波治療器

南小泉ささき整骨院干渉波治療器

【目的】
経皮的に神経及び筋刺激を行い鎮痛、筋委縮を改善する。

【特徴】
広範囲治療と深部刺激を実現し、力強い刺激感と心地よい刺激感がダイナミックに変化する新感覚の低周波治療器です。患者様の症状や治療部位にあわせる事ができます。

【使用症状例】
関節の運動制限解除(肩が上がらない、前かがみで腰が痛む、階段で膝が痛む等)筋肉緊張緩和(背中が重だるい、ふくらはぎがつる、肩こり腰痛等)

ウォーターベッド

南小泉ささき整骨院ウォーターベッド

【目的】
マッサージ効果、リラックス効果

【特徴】
左右対称に配したノズルから噴射される水圧刺激でのマッサージ効果と、柔らかい素材のシートで水に浮いたような感覚でリラックス効果があります。

【使用症状例】
施術後の筋肉のざわつきを除去。※急性期(ぎっくり腰等)の場合は使用しない場合があります。

磁気温熱振動機器

南小泉ささき整骨院磁気温熱振動機器

【目的】
磁気・温熱・振動の同時発生による鎮痛・血流改善・筋弛緩作用。

【特徴】
従来の温熱パックによる表皮温熱療法とは異なり、治療部位の深部まで独自の作用でじっくり温め、その温熱効果は治療後も長く持続。磁気は交番磁場でN極S極が交互に入れ替わり、血流改善し、神経症状の改善に期待できます。温熱は40℃、50℃、60℃、65℃の4段階に設定可能で小血管拡張し、細胞組織の代謝促進作用。振動は電磁コイル内に取り付けた振動版の振動と電磁コイル間の吸引、反発の左右運動による立体的な微振動を1秒間に50回~120回発生し、心地よいマッサージ感が得られます。磁気+温熱+振動の相乗作用が得られる治療器。

【使用症状例】
筋肉過緊張による症状(頸肩由来の頭痛、背中や脚のツッパリ感等) 神経性の疼痛(しびれ感等) 冷え性

超音波コンビネーション刺激治療器

南小泉ささき整骨院超音波コンビネーション刺激治療器

【目的】
超音波、高電圧電流、微弱電流を用いて経皮的に神経及び筋刺激を行い鎮痛、筋委縮を改善します。

【特徴】
超音波は音波を発生させ、1秒間に100万回または300万回の高速度ミクロマッサージで深部、浅部に直接刺激を与えます。その際組織に温熱作用が発生し立体的に温め血流改善、新陳代謝促進し治癒を早める。高電圧電流(Hi-Vol)は150Vを超える電圧で、皮膚に抵抗を与えずに深部まで刺激が到達し、疼痛軽減、血流促進、可動域改善の効果がある。微弱電流(MCR)は生体の中に流れている微弱な電流を外部から通電する事で人間本来の自然治癒力を高める効果があり、損傷組織の修復促進、早期回復が期待できます。
この治療器は超音波と電流刺激を組み合わせたコンビネーション治療が可能で、疾患部に対し2つの刺激が働きかけることで効果的な治療の幅が広がり、効率を高める事ができます。

【使用症状例】
捻挫による痛みの除去(膝、足首、突き指等)、関節運動痛除去(肩を動かすと痛い、腰を曲げると痛い等)、急性期の疼痛除去(ぎっくり腰、寝違え、背部痛等) 深層筋治療

振動運動療法機

南小泉ささき整骨院振動運動療法機

【目的】
運動不足解消、筋力強化、基礎代謝向上、ダイエット効果、骨格バランス改善、血流改善など。

【特徴】
振動板に乗るだけで簡単に効果的なトレーニングができ、足幅と振動周波数で負荷の調節が可能。振動板上では加速度がかかるため、体重と姿勢による負荷が増大される。心肺機能への負担が少ないため、高齢者の転倒予防、リハビリなどのためのトレーニングにも効果があります。

Copyright(c) 南小泉ささき整骨院. All Rights Reserved.